読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春だからね、とみんな言い聞かせるけどどこか違うな

昨日辺りから何かがおかしいと薄々感じてはいたのだけれど、今日窓の外をぼんやりと見つめていてハッと気付いた。
完全な無力感と、絶望感と、焦燥感と、希死念慮
今日、波のように一気に私を飲み込んでいる。
外はとても穏やかな晴れだ。とても暖かい。
「春だね、嬉しいね」なんて言えそうなくらい平和な世界が広がっているのに、私はこの景色を見ると涙が溢れそうになる。

ふと、なんでこの歳まで生き延びてしまったかな?と考えていた。
年々、私をこの世界に繋ぎとめておく鎖が減っていることには気付いてはいたのだけれど、いよいよわからなくなってしまった。
今までは何だかんだと周りの人間のことを考えられていたのだけれど、その余力が尽きかけている。
取り敢えず生きていればいいよなんて年齢でもなくなっているし。個人的に年齢の問題はとても大きい。
発達障害の35歳限界説というのが私には他人事に思えない。
私は定型発達だと今の所言われているけれど、慢性疾患で非常に生きづらいという点は類似している。
努力を繰り返してもどんどんと虚しくなってきてしまった。病との付き合いが長くなればなるほどもう十分なんだよって気持ちが大きくなる。
現実は恐ろしいほどに冷静だから、容赦なく社会的な私の立場を突きつけてくる。
他者のサポートがあってようやく立てているような人間にはこの先の必要性がわからない。
生きているだけでいいんだよなんてそんな簡単なことじゃない。詭弁だ。
生きるためにかかるコストを私は今自分の力で何も出来ない。社会は生きるためお金がかかる。そのお金すらも生み出せない。
年齢は年々増えていく。社会的にどんどんと隅に追いやられる。

この病と一生を添い遂げる自信がない。そもそも病が私を積極的に殺しにかかってくる。
年々パワーの回復方法がわからなくなっていく。前はもっと単純にもう少し、もう少しと思えたはずなんだけどな。
せめて綺麗な原型のうちに終わりたいと願うのは我儘だろうか。
もう自傷も大量服薬も疲れた。やる気にもなれない。
もう少しの先に何がある?それが何をもたらす?
もう疲れちゃったよ。それだけ。