読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性的価値観に対する解毒

Twitterにて書いていましたがこちらに移行します。

 

友人がくれるLINEから浮かび上がる私の性に対する歪さに自分で驚いている。愛が無くても男の人は出来るのを知ってるよ、って思うと私は全てがどうでもよくなる。

 

女も同様に、愛が無くても出来るでしょう?結果的にそれを愛の行為だというのはなんだろうな?ってなるんだよ。早く言えば感情的になった雄と雌でしょ。これをいう自分がすごく悲しいのだけれど。

 

愛の確かめ合いという性行為もあれば、感情の果てに身をまかせる雄と雌も等しくある。自分が凄く悲しいこと言っているのはわかるし、人を傷つける発想だとも思うんだけれど。あ、私は愛の確かめ合いの果てにあるものを嫌ってるんじゃない。雄と雌が気持ち悪いんだ。

 

私が嫌悪しているのは性的逸脱だ。性行為の価値観をぶち壊されて自分が歩んでしまったが故に知ってしまった醜さや汚さが気持ち悪くて仕方ないんだ。これ、カウンセリングを根気よく受けないと治らないんだろうな。雄と雌の生臭さが本当に受け入れられないんだ。汚いとすら思うんだ。

 

だから自分の体が汚くて仕方ないままなんだ。一度道を踏み外した(好きで外れたわけじゃないけど)自分を自分が一番許せてなくて。それと同じくらいそういう類のものを嫌悪してしまうんだ。ああ、わかった。これ、凄く根深いやつだ。でも認識するところまで来た。よくできました。

 

私が悪いんだと思ってたんだよずっと。あの日も私が悪かったからあんな事になったんだと思ってたけど違うわ。全く違うわ。きちんと心底嫌って憎めていたら、性的逸脱もしなかっただろうな。性的価値観歪まなかっただろうな。ちゃんと嫌って憎んで許さなくてよかったんだ。負けたらいけないと思ってた。

 

頭の回転速度に言葉が追いつかなくて頭が痛い。一度汚れたら何度汚れても同じだと私はそっか。でも汚されたんじゃなかったよ。汚れてたのは向こうの心だったよ。親友の妹を身勝手にして楽しかったか。私はこの扉を開くのに7年かかったよ。全部一本の道に繋がった。

 

どうにか出来ていた傷がまた膿んだのは、次は大事な人が性的逸脱をしたからだ。ああ、ここで私はまたわからなくなったんだ。愛し合う行為とかわからなくなったんだ。全部繋がったよ。長かったよ。始まりは全部全部7年前だ。何だか100メートルをダッシュ5本走った後みたいに疲れている。